ひろしまサンドボックス

NEWS

Startup Night in 呉高専

2021.6.9

2021年6月4日(金)、「Startup Night in呉高専」というイベントがオンラインで開催された。これは広島県のデジタルイノベーションを推進する「ひろしまサンドボックス」事業の一環として行われたもので、新時代を創出するスタートアップの起業家と次世代を担う若者たちが交流を持つことで、新たな出会いと学びの場になればという願いが込められている。当日は先駆者たちのナマの声を聞こうと、呉高専の生徒18人に加え、多くのOB、教員関係者などがモニター上に集まった。

今回登壇したのは、ニューノーマル時代の課題解決のアイデアを探る「D-EGGS PROJECT」の最終選考を通過した3社の代表。まずはそれぞれが自社の活動を説明する。イーパー株式会社CEOの内山智晴氏は、再配達問題の解決のため「OKIPPA」と呼ばれるサービスを事業化し、広島では自動配送ロボットを使った物流インフラの構築を試みる。

先月登記したばかりのアシラセCEO千野 歩氏は、ホンダで自動運転技術開発に関わった経験を活かし、視覚障がい者向けの歩行ナビゲーションシステムを模索する。

エイトノットのCTO横山智彰氏は広島商船高等専門学校出身、ロボテックスとAIを用いた水上移動サービス活性化というビジョンを語る。どれも話を聞いているだけで新しい未来が開けていくようなワクワク感が感じられるものばかりだ。

そこからは学生たちから事前に募った質問に3者が答える形で進行した。最初の質問は「起業した理由は何ですか?」。これが今回、学生から一番多かった質問だという。イーパー内山氏からは創業2ヶ月で早々に事業転換を迫られたこと、当初は貯金を切り崩す生活で「いざとなったら夜コンビニで働こう」と共同創業者と話したことなど、赤裸々なエピソードが披露される。アシラセ千野氏は「あまり先のことまで考えてなかった」、エイトノット横山氏も「知り合いに誘われて軽い気持ちで」と答えるなど、起業家に共通する“なんとかなる/なんとかする”という楽観的なメンテリティには登壇者自身からも思わず苦笑が漏れた。ただ、そんなことよりも、自分自身が解決したいと誓った課題に対してまっすぐ突き進んできたストーリーは、「スタートアップ」に対する聴講者の胸を熱くしたのだった。

次に多かった「起業するのは怖くなかった?」という質問には、イーパー内山氏から「学生のみなさんが思う恐怖ってどんなものですか?」と逆質問が飛んできた。独立したはいいが安定的に成長していけるのか、会社員という恵まれた待遇を捨ててもいいのか……生徒たちのリアルな声に対し、「浮き沈みがあるのは当たり前」「落ちたときこそ上がっていけるチャンス」「今はスタートアップで挑戦した経験を評価してくれる企業も増えてきた」など先輩たちから親身なアドバイスが寄せられる。

最後は「スタートアップに向いてる人、一緒に働きたいと思う人はどんな人か?」。これはこのイベントをキッカケに呉高専の生徒が各社でインターンとして働くことを想定した質問でもある。

現在3社は「D-EGGS PROJECT」での実証実験の真っ最中。ここに集った学生の中で各社の活動に興味を持った人がいれば、実験の現場に是非参加してほしい、というオファーだ。アシラセ千野氏からは「スキルより伸びしろ」、イーパー内山氏からは「利用する人にどれだけ価値を与えられるか、ガムシャラに考えて議論できる人」、エイトノット横山氏からは「手を動かせる人、仕事を楽しんでやれる人」という答えが返ってきた。今どんなことができるのか?よりも、どういう未来を切り拓いていきたいのか?というマインドこそがイノベーションの火種になるのだろう。

今回のイベントは学生たちにとって、インターンシップのリストになかなか名前がでてこない「スタートアップ」の実像に触れられた熱い時間になったのではないだろうか。トーク中に語られたように、一般企業に就職することにもスタートアップに参加することにも、どちらもメリットがあるし、デメリットもある。それぞれに向いている人も違っていて、それは優劣ではない。学生たちはナマの意見を聞いたことで自身の進路について一歩突っ込んで考えられただろうし、企業側も教員の方々もインターン制度というもののあり方について本質的な意見交換がなされていた。

終了予定時間を過ぎても議論が飛び交い続けた第1回スタートアップナイト。参加した皆が第2回の開催を待ち遠しく思っていることだろう。

ひろしまSANDBOX・D-EGGS PROJECTではこれからも、広島県がイノベーション立県としてより多くの人材や企業が集積する場所となるように、さまざまな出会いを生み出し続けていく。

【Start Up Night in 呉高専 開催概要】


NEWS

         ENTRY 応募登録はこちら

お問い合わせ窓口

D-EGGS PROJECT事務局
(株式会社第一エージェンシー内)

(担 当:宮川・東・東南)

〒720-0067 広島県福山市西町 1-16-1

電話でのお問い合わせ

082-246-2468

メールでのお問い合わせ

d-eggs@dia.ne.jp

PAGE TOP